ITを駆使した独自のインサイドセールス部隊の構築

当社のインサイドセールススタッフは、全員、営業経験が豊富であり、会話から顧客が本質的に抱えている課題などを察知する能力が高いのが特徴です。

電話営業だけでなく、Web会議システムを用いたオンライン事例共有会など、フィールドセールスさながらお客様の顔を見ながら会話をすることが可能です。


MAとオンラインをフル活用した独自のインサイドセールス支援

インサイドセールスチーム SV(スーパーバイザー) 飯島

インサイドセールスを組織化するメリット、必要性は大きく分けて3つだと考えています。
1,営業プロセスの効率化
2,見込み顧客可視化とナーチャリング
3,組織力の強化

従来の外勤型(フィールドセールス)の営業手法は、担当者が電話から訪問、クロージングまで行うのが一般的ですが
インサイドセールスチームを設ける事により、フィールドセールスが本来行うべきクロージングという点にフォーカスできます。
それはインサイドセールスを挟む事で、商談前に深いヒアリングが可能になるからです。
特にBANT情報を事前にヒアリングする事ができれば、初回訪問時から見込み顧客が抱える課題を正確に把握し、より深いレベルでの提案が可能となります。
結果成約までのプロセスの短縮に繋がり、営業プロセス全体の効率化を図る事ができます。

見込み顧客のナーチャリングもインサイドセールスが行う重要な業務の1つですが、この点に関しては
国内でも導入が進んでいるマーケティングオートメーション(MA)を活用する事で、「いつ」「誰が」「何をしたか」という行動情報を可視化する事ができます。
見込み顧客の興味度合いを判断する事で、それぞれに最適なアプローチを行う事も可能です。
従来の手法では当たり前に行っていた、状況確認の為に時間をとって訪問したり、電話をかけ「その後いかがでしょうか?」
というやり取りも、このプロセスを経る事で不要になります。

最後に組織力の強化に関してですが、インサイドセールスを行う事により営業トークや成約に至る企業の行動パターン、MA内の企業スコアなど組織内にナレッジの蓄積がされます。
どのような企業にどういったアプローチを行うべきか、フローを確立する事によりどんなスタッフが対応しても一定以上の成果を上げる事が可能になります。
これにより、多くの企業が課題としている「営業力依存」を解決する事に繋がり
常に成果を上げ続ける強い営業組織の構築が可能となります。

弊社ではインサイドセールやMAの運用以外にもbellface等を活用した
オンラインでの一次商談まで支援させて頂いております。
その他にもLP作成やコンテンツマーケティングも実施しております。
それぞれ専門の担当者が行っていますが、各部門のさらなる強化を行いリードジェネレーションからクロージングまで一気通貫で支援させて頂ける唯一の企業として、今以上に邁進して参ります。

 

経歴

営業コンサルティング、支援を行うベンチャー企業にてIT、金融、製造、不動産など幅広い領域のクライアントの顧客獲得から社内営業組織立ち上げを支援。
その後マネージャーに就任し、自社の組織強化や育成等のマネジメント業務に従事しつつMAの運用やマーケティング領域も担当。
支援社総数100社以上
2020年1月より株式会社F-creation インサイドセールマネージャーに就任


お客様の望みをいち早く察知するように

インサイドセールス担当 赤澤

インサイドセールスに取り組む上で、私が自負しているのは、お客様の抱える課題を正確に捉えながらアプローチすることを常々意識してるということです。

電話の最中は、お客様の言葉を一言一句聞き逃さないように集中し、お客様の望みをいち早く察知するよう心がけております。

その上で、高い確率で成約に繋げるために、ニーズに合った切り口でアポイントまで繋げております。商談に臨んだフィールドセールスの方が、より入りやすい状況を作ること、それが私の役割だと意識して取り組んでいます。

経歴

大手ECプラットフォーム企業にて法人向けECコンサルティング営業を3年以上経験。その後結婚を機にF creationに参加